本日は、羽田空港国際ターミナルの江戸舞台にてユネスコの世界遺産トーチランコンサートがございました。
ユネスコの為に作られた作曲家城之内ミサさんの楽曲をピアノ、日本箏、フルート・篠笛・ティンホイッスル他・二胡・弦楽四重奏と共に豊かな楽器編成でお届けいたしました。
トーチランコンサートは毎回様々な編成になる為、いつも新鮮な気持ちで演奏させていただいております。
また、今回はボーカルユニットフォルバレーノさんやデビューが決まった中村ルミーナさん、また東邦音楽高校合唱部の皆さんなどのフィナーレに向けて素晴らしい歌声が響き渡り空港を利用する多くの方々やコンサートを聴きにいらした皆さんでいっぱいに埋め尽くされた会場で、癒しの平和なひとときを観客の皆さんと共有できた気がします!
共演者の皆様、関係者の皆様、お越しいただいたお客様ありがとうございました!

“ユネスコ世界遺産トーチランコンサート 羽田国際空港” への2件のコメント

  1. あいにくの雨でしたが、盛況のようでしたね。以前に聴きに行った時と楽器の編成が随分違うようです。行けなくて残念でした。またの機会にお邪魔致します。

    1. Sueさん そうですね、今日のように弦楽四重奏と演奏する時もあります、楽器編成が変わるだけで曲の雰囲気もだいぶ変わりますね! 同じ曲でも雰囲気の違いを色々と楽しんでいただけると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です